ブログ BLOG

肩こりからくる頭痛

2018.11.08 ブログ

おはようございます!
新井です(^O^)

皆さんは肩こりがひどくて、頭痛が出たことはありませんか?

頭痛には、慢性頭痛である片頭痛や群発頭痛など、 さまざまな種類があり、
痛みの程度もそれぞれです。

そんな頭痛の中でも、最も多くの割合を占めるのが緊張型頭痛です。
頭痛の約7割を占めています。

緊張型頭痛は、肩や首の筋肉の緊張からおこる頭痛です。
多くは肩こりが見られ、頭の後ろからてっぺんあたりに痛みがあり、
「肩こり頭痛」「筋収縮性頭痛」とも呼ばれています。

症状は、頭を締めつけられるような頭痛が持続的に発症します。
「ヘルメットをかぶったような圧迫感」
「はちまきで締め付けられるようなギューっとした痛み」
などと表現されます。

後頭部から首筋にかけて、多くは両側におこります。
症状が悪化していくと、まれに発症していた頭痛が頻繁に発症するようになり、
その後は慢性的な頭痛になります。

そうなる前に、早めの治療が大切がです。
頭痛が出る前に肩の治療をすることで頭痛を防ぐことができます。

またストレッチも効果的です。

首から肩にかけての筋肉を伸ばすストレッチで、
顔をまっすぐ正面に向けた状態で、頭を横に倒します。
倒した状態を15秒キープして、もとに戻します。

次に左右反対側も同じように頭を倒して15秒キープします。
手を頭の上からまわして反対側の耳の上に添え、
手の重みを利用して頭をゆっくりと倒すとさらに効果的です。

気になる方はいつでもご相談ください!!

副院長 新井 萌香