ブログ BLOG

冷え性予防

2020.01.15 ブログ

こんにちは(^^)/

 

青柳です。寒い日が続いていますね。

寒い日が続くと辛くなるのが冷え性ですよね。

冷えは「万病のモト」というくらい、放置しておくと、

頭痛、腰痛、肩こり、生理不順、肌荒れなど

さまざまなからだの不調を引き起こすといわれています。

日ごろから予防を心がけておくことは、健康維持につながります。

 

冷えを予防するには、からだを内側から温め、血行をよくし、

自律神経をきちんと機能させておくことも大切です。

具体的には以下のことなどを心がけましょう。

からだを温め、血行をよくする食事をとる
からだを冷やすような冷菓や、
栄養バランスの偏りがちなインスタント食品などの食べ物は控え、
ビタミンE、C、B1、パントテン酸、良質のタンパク質などを積極的にとりましょう。

  • ビタミンE……抹消の血管を拡張させて血行をよくし、女性ホルモンの分泌を調整          ウナギ、アーモンド、落花生、卵黄など。
  • ビタミンC……貧血予防になる鉄分の吸収を促進し、毛細血管の機能を保持             かんきつ類、緑黄色野菜など。
  • ビタミンB1……代謝を促進し、からだを動かすエネルギーを産生する               豚肉、大豆、卵など。
  • パントテン酸……代謝を促進し、自律神経を活性化させる                    レバー、大豆など。
  • 良質のタンパク質……熱エネルギーとなり、神経機能を保持する                 大豆製品、魚など。

積極的に摂りたい栄養素

もうひとつ大切なのが筋肉量をアップです。
  • 1日30分以上歩きましょう。
  • 脚には一般的に全身の約7割の筋肉が集中しているので、                    特に下半身を動かすストレッチやスクワット運動などの                     筋肉トレーニングなどは効果的です。
  • 適度な運動は筋肉量アップとともに、                             自律神経の機能を高める効果があるので、習慣にしましょう。

 

 

 

世田谷区 地域一番院

予約不要 土日祝診療

平 日 9:00-12:00 / 15:00-20:00
土日祝 9:00-12:00 / 15:00-18:00

ちとふな中央整骨院