ブログ BLOG

冷え性について

2020.11.19 ブログ

みなさんこんにちは

小島です(^^)

 

早くも11月

第3週目にはいり、今年も残すところあっという間になって来ましたね(>_<)

 

 

さて今回は

冬時期にお悩みの多い症状をお伝えします!

 

 

それは冷えです!

 

診療中、患者さんからの冷えが気になって

どうにかしたいと聞きます。

 

冷えはとても身体に堪えますよね(>_<)

そんな辛い冷え症状には

種類がいくつかあるので紹介します◎

 

 

四肢末端型の冷え

これは手足の先が冷える俗に言う末端冷え性です。

起こる原因

人の身体は寒さを感じると身体の中心部分に熱を集めます

 

熱を集める際

血管を縮こめたままにし、普段より血管の伸縮性(伸び縮み)の働きが低下します。

 

その為、手足の先が冷えます。

 

 

下半身型の冷え

デスクワーカーさんの様な長時間の座り姿勢により足先の冷えを感じます。

起こる原因

下半身の血液は筋肉を動かすことにより血液は重力に逆らい循環していきますが

座り続けることにより筋肉を動かす機会が減り足先が冷えます。

 

 

また、循環の悪さから同時に浮腫みも起こることが多いです。

 

全身型の冷え

全身が冷える人に多く見られるのは

秋や冬のみでなく1年を通して冷えを感じる人が多いです。

 

原因として考えられるのは

不摂生体質基礎代謝の低さ睡眠不足など生活習慣が関係して起こります。

 

 

このブログを読まれている方で冷えにお困りの人がきっといるはずです。。。

どのような

冷えのタイプでしたか?

 

 

当院で全ての症状に共通してお勧めする治療は

当院独自のアジャスター治療

腸もみ治療です。

※治療と並行となります。

 

 

当院独自のアジャスター治療

足先のから臀部までを器具を使い振動刺激により筋膜リリースをしていきます。

 

筋膜リリースをすることにより

筋肉の頑固なハリコリ症状を改善し、

ハリコリの影響で血管を圧迫し悪くなった循環を改善していきます

 

腸もみ治療

内臓器官の活性化の為の治療です。

内臓が活性化することに循環が良くなり冷え症状を改善していきます。

 

また

二つの治療の詳細は下記のURLからご覧になれますのでぜひご覧ください(^^)

 

アジャスター治療 https://chitofuna-seikotsuin.com/blog/post-2235/

 

腸もみ治療 https://chitofuna-seikotsuin.com/blog/post-2103/

 

最後にお知らせです。

お知らせ1

ちとふな中央整骨院

公式のインスタグラム始めました!

こちらのURLからご覧になれますので

是非フォローしてください

当院の日常や

自宅で出来るセルフストレッチなど

色々なことを投稿しておりますので是非ご覧ください!

 

https://www.instagram.com/seikotsuism

お知らせ2

当院はコロナ対策として

出勤スタッフの検温を朝と昼に行い

体調管理をしております。

院内は定期的に換気を行っております。

治療者は

治療前の消毒、治療後のベットの消毒を行なっております。

可能な限り、コロナ対策をこれからも行ってまいります。

今後とも何卒よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

#千歳船橋#整骨院#地域一番院#11月#寒さ猫背#冷え

#世田谷区#駅近#ちとふな中央整骨院#捻挫#腸もみ

#ギックリ腰#寝違い#寝違え#毎日診療#アジャスター

平日診療時間

9時ー12時 15時ー20時

土日祝

9時ー12時15時ー18時

TEL 03ー3426ー4139

 

ちとふな中央整骨院 小島 清哉